Recent Entries


Recent Comments
Profile
Archives
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
この道はいつか行く道ー。

みなさまこんにちはー、がろんです。
最近はすっかりついったに移行して
こっち放置ぎみですみません。
でもそれでも少しずつカウンターは回っていて
ありがとうございます。

最近の生活はすっかりタイバニまみれで
こんな情熱がこの四十路の体にあったのかと
思うほどですが
それはそれで楽しい日々なのではないかと
思います。腐ってるけども。

昨年40になったのをきっかけに
老後の生活について
話し合っていくようになったんですけども

なんかさあ・・・・


昨日一足飛びに急に夫が動き出して

近いうちに同★居になるかもしんない・・・。

夫のご両親の面倒をみるのは
長男の嫁のつとめ、それは私わかってるし
もちろんそのつもりでいましたよ、ええ。

ただそのための条件は2つ、"or"条件で
"わたしたちに子供ができる"
or
"夫の妹が嫁に行く"
だったのです、どちらかがtrueになれば、






まだ嫁に行くあても全然ねえ妹(私より2つ上)が






入るっていうのですよ、
なんか結構尊敬してる人が
そうすれば、って言ってくれたからって
急に前向きになっちゃって・・・・

夫の実家には今や物置と化している
夫の部屋6畳未満がひとつあるだけで
築20年以上のその家をリフォームして
入ればいんじゃね、だってよみなさん。
今うち3DKの借家に住んでんすけどね!

いつか入るから、と賃貸ぐらし16年なんで
初めからマンションでもかっときゃ
財産になったのにさ
もう妹はすぐ嫁に行けるもの!と
思っていたからねこのうちの方々は。

妹はちょっと立派な、でも就職には難しい
資格をもっているので
家で多少頼まれたらその仕事を引き受ける、という
程度でとても自立できる稼ぎはなく、
専門学校でてからは家事を主にやってはいるけど
外で働いたことがないという

社会性少なめな

でもさすがに去年あたりからあせりだして
このまま自分はこうなのかと神経を病んで
なおいっそうのひきこもりになり

でもそういう人が結婚して幸せになれるのだろーかと。

おうちの中では顔色うかがわれて
お姫様のようにあつかわれてんのに

結婚相談所にいけばいいっていうんだけど
そこいけば必ず結婚できるわけじゃないでしょ、
それに今までも数多くの見合いを
けったりけられたりしてきたじゃんか・・・

まずは自分を磨くことだと思うんだけど。
そして自分の生活ができるくらいに
稼ぎを作るべきだと思うんだけど。


夫はなんかもう将来見えたみたいにうかれちゃって
リフォームをどうやるか、なんてことを
考え始めちゃって


わー嫁おいてけぼりー

わー

勝手にやってろー


はあ・・・。


ねえ私の幸せってなんだろう
子供をもう去年いっぱいであきらめた
私の今後の幸せってなんなの

日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
才能への憧れ。
眠れぬ夜のiPod投稿… すごく久しぶりのブログです。 生きてます、低空飛行ですが生きてます。 ついったで生存報告はしてますがね… しかしあれよね、Twitterって便利よね。 私は本当に読みたい、見たいって人しか フォローしないのですが 最近はpixivで気に入った作家さんを フォローさせてもらったりしています。 人気のある方はちょっとしたリプをつけても おざなりなお返事をいただくくらいで 一方通行なんですが 最近フォローさせて頂いた方は Twitter始めたばかりのようで こっちのつぶやきにリプをつけて下さったり 親しくしてくれてとてもうれしい。 作家さん同士ならそういうこともあるんでしようが ただの読者にねえ… とてもうれしいのだよ。 しかしみんなすごいね、 よくあんなにお話とかおもいつくよね、 まじで尊敬しちゃうよ私。 お仕事とかしてるんだよね、 pixivでごはん食べてけないもんね、 すごいよねえ。 私にもそういう才能あったらよかったなあ。
日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
よる年波。
 私自身はもう40になっちゃったし、
日々物忘れもひどくなってきて
年齢というものを
ひしひし感じるのだが、
意外な人のそういうことを聞かされると
結構ダメージくるよね。どすんと。

私は大学生の頃、
喫茶店でアルバイトをしていた。
地元では結構有名な、
ケーキのおいしい喫茶店。

そこの御主人は同級生のお父さんなので
マスターと呼ぶべきところを
おじさんおじさんと言って通ったので
今になってもおじさんとおばさんだ。

その御夫婦はもう体力的な問題で
お店をたたんだのだが(大変惜しまれつつ)
ずーっとケーキを作ってコーヒーいれて
お客さんと接してきたおじさんが
急に普通の隠居的な生活に慣れるはずもなく。

そうするとどうなるか。


おばさんとの二人ぐらしなのに
毎日たくさんの料理を作ってしまう・・・!


のだそうだ。
人においしいって食べてもらうと
うれしいみたいだから
食べに来て〜というお誘いがひと月もたたないうちに
2回目。
いやそんな申し訳ないし、と思っていたのだが
おじさんのリハビリ的な意味もあるのだ、と
いわれ、では遠慮なく、と伺うことに。
まあ来週なんだけどね。
そしておじさんの料理は絶品なんだけどね。

そのうちは子供が二人とも遠くに住んでいるので
やっぱちょっとさみしいのだろう。

そして年をとった親、というものが
どういう風になっていくか、ということを
知っている私たち世代だから
それはやっぱり協力してあげなければ。

形は違えど、同じような感じなんですね、うちの親と、
とおばさんにいうと
そうなのよ、わかってくれる?とのこと。
おばさんの方がちょっと若いしな。

まあ自分の親にはそうもやさしくできないところもあるが
(うちの親は全力でのしかかってくるんだもの)
そういう人をみて、いろいろ教わることもあるのだろう。

そしてごはんがおいしいしな。えへへへ。
日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
静かに胸を打つ本、。
 夫が久しぶりに休みをとれることになり
急きょこの週末をつかって京都にいくことになった。

どこにいくともはっきりせず
とりあえず宿と新幹線はおさえたので
昔買ったガイドブックあるかなーと
あまり開けない本棚をあけると
ガイドブックよりもさきに
懐かしい本をみつけてしまった。



たぶんこれはもう結婚した前後くらいに買った本だから
15年とか。
そういえばあったなあ、という程度に忘れていて
ストーリーは覚えてるけど
細かいところははっきりしない。

みつけてしまうとパラリとめくってみたくなり
読み始めると
とまらない。なにもかも今はいい、とにかく読みたい、と。

朝の忙しい時間、今朝は1時間かけて斜めながらも
だーっと読みつくしてしまった。
薄い文庫本200ページちょい。

読んでひとしきり
ほとほとと静かに泣いて

どうしてこの本がそんなに私の心を
何度もゆさぶるのかわからないけど

若いころと、今とではやっぱりいろいろちがうのかな。

何年かごとにこうして
違う気持ちで読み返せる本なんだな。

これは往復書簡方式。
そこもいいのかもしれない。
2人の姿が生活が思いがありありと浮かぶようである。

ああ。泣いちゃうなあ。
日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
あなたの目をみたりみなかったり。
 10月と言うのは
4月始まりのひとにすれば
あたらしいはんぶんのはじまり、
1月始まりの会計の個人事業主には
とくにきまりのない10がつですが
ちゃんと帳簿つけてますかね?という確認会が
所属する団体で開催される。まあよそはしらん。うちはある。

わかんないことはネットでしらべるけども
その確認会のついでに
専門家のかたにちょっときいてみようかと思うことが
2,3あった。

うちは開業して4年たつので
私の会計スキルもそれと同じだ。
まだ4歳児ちゃんだ。

去年の3歳児ちゃんのときは
帳簿上の業績がよくて
えらいこっちゃ税金を払わされてしまい
創意工夫に欠けた無学の自分がくやしくてたまらなかった。


今年もおそるおそるやっているが
なぜかこんなにお金ないのに売り上げはあがってるから
もうどうなることか・・・

確認会はマンツーマンで行われる。
私はパソコンで集計しているので
出力した総勘定元帳をざっと目を通される感じですぐ終わる。
わからないことはないですか、と
今年の確定申告でも担当した女の人に言われる。

この人はちょっと毛色がちがうひとで
びじんではないうえに顔にちょっとアンバランスなところがあって
子供時代はいじめられたりしたかも、というひとだ。

大人になった今はそれはだいじょうぶなんだろうか、と
不安になるのだが
彼女はなぜか案外おおらかで
私の方が年上であろうに(少し)
しかも一応お仕事なのに
すぐタメ口で話しかけてくる。
(彼女は私のことなど覚えていない)

しかし節税のためのアドバイスを
軽くタメ口で教えてらうこと、
しかもこのハンディキャップ的なものを少し背負った彼女が
結構フリーダムにふるまえることが
なんだか少しまぶしくて、とても楽しいきもちになった。

生まれついてのデブそしてブスという
ハンディキャップを背負った私は
人見知りで初めての人にはびくびくして
顔色をみて控えめに控えめに接するが
彼女のフリーダムすげえよ・・・

けしていやなかんじではなく
あかるくたのしく・・・

どうしてそんなふうにふるまえるのかなあ。
そしてどうしていやなかんじがしないんだろ。

私と彼女の違いはなにか考える。

まだわかんない。
でもいつかきっとわかるはずだ。
日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
遠い目をして。

 Twitterの方が更新頻度が
たかくなるのは
やっぱり入力が簡単だってあるかなー。

あ、まてよ、メールで投稿するっていう
手もあるのか、
そしたらiPodtouchでも比較的簡単に
投稿できるか・・・。

私のケータイはいわゆるガラケーで
いまんとこスマホにするまでのメリットを
感じていない・・・。ほら通信料多すぎてなんとかとかいうし。
私のドコモだから
新しいクロッシィとかいう接続方法が
どこまで普及するか、そして通信帯の混雑が解消するか、
という動向をみてから・・・とか思ってしまうのだが
実際Twitterにしてもブログにしても
ケータイからぱしぱし投稿できたら
便利で楽しいよな・・・

でも通信費がまだやっぱ高すぎるかなと。
お小遣い少なめのほぼ専業主婦だからさ!

それにパソコンでキーボード打つの好き。
ブラインドタッチができる自分に酔うね(笑)
もともと大変不器用なわたしが
努力でこれをマスターした喜びに浸るというか・・・


さっきメールソフトをちょっと整理しようと
昔受信したメールとかみてて
あーこのころはエロイカマニアックスな方々と
いろいろメールしてたなあと懐かしく。
まあまだミソベさんなんかはTwitterで
お付き合い頂いているけど
(つか彼女かつては高校生だったのに改めてびっくり)
みなさまおげんきかなー。

 

日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
ひさびさ。
 ずっとログインすらしてなかったから
JUGEMさんに怒られて拒否られた

あーほんと40にもなるっつーのに
子供もいないのに悩みおおいわあ

もう
いろいろめんどくせえめんどくせえで
ぶん投げられたらいいのに

でもたいていのものは
自分におちてくるよね

いろいろ今悩みあるけど
一番単純そうなことからまずひとつ

タイバニ好きすぎる

しかもぴくしぶ漬け
つまり完全に腐った方向に
もう公式もどうでもいいくらいに

本編見なくていいからみんなどんどんぴくしぶ更新しろと

ハイクオリティなやつをたのむよ

R指定はあんまり・・・リアルなのはあんまり・・・

できれば虎兎でコテバニで

絵が上手でも字が下手な人多くてびっくりする
そしてびっくりするような誤字脱字

まあ絵を描けるだけですばらしいもんな


せっかくかったヒーローゴシップも
売り飛ばしたい

早く足抜けしたい・・・。

せめて三次元に萌えたい。
日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
きんきょうをさっとね。
 ぼんじゅー。
あー久々だわこっちのブログ。

皆様お元気ですか。
エロイカの最新巻がでましたけど
どうでしたか?
できごとのリアリティと
少佐の愛らしさと
A君の犬っぽさと
伯爵の美しさが
際立ちましたよね。

ほんとに奥の深いまんがですけど
どうしてか昔のように
腐方面に頭が行かなくなりましたね。
年ですかそうですか。今月中に40歳になりますよ。

今は斜めに客観的にブームを見ているだけのつもりが
すっかりタイバニにはまってますよ。
静岡はテレビではやんないけどね。

それよりも
最近なんか子供との縁が深くって
(よそのね)
なんだか神経が削れるような気持になってしまって
困ります。

兄の子のかわいいこと・・・死ぬほどかわいい・・・
(ビジュアルではなく存在が)
でもその子がかわいければかわいいほど
死にたいような気持になりますのよ。

明日も婦人科です。そろそろ排卵のはずなので。
排卵が近いときってすごく腐力が強くなるよね。えへへへ。

日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
眠れぬ夜の…
iPodtouchからの投稿。 改行うまくはいんないけど。 私はそんなにBLフリークじゃない(つもり)なんだけど、 ちょっと生活にエロ分が必要なんじゃない?とか思って 久々に買ってみたんだよね、死ぬ程恥ずかしいんだぜ アラフォーデブ主婦のBL買いってさあ! でも買った本がよくて、エロが少なめで なんつのドキドキドキュメントみたいな 胸キュンキュンなやつで、でも他のも欲しくなって もう一冊買ってみちゃったら胸キュンドキュメントな上に リアルなエロで あーなんつーか 私の煩悩のエリアの大半を占めちゃってんだよ今。 その状態のデメリットとしては 生活上、地に足がついてないみたいな状況だっつーことが あるんだが、 逆にメリットとして リアルな妄想が減るんだよね、 今週末の飲み会で私また男子の耳くわえちゃったり しないかしらそれだけはだめでも差し出されたら拒めないし、 などと考えてたのが落ち着いたというか。 でもこういう生活に食い込んでくる BLって手元においとけなくて うりとばしたくなるっつか。 この二冊もそうなりそ。
日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
復帰ながれる。
 
先月のことなんですけども
10年前に退職した会社の先輩から電話があって
臨時で1ヶ月くらい働かないかと言われました。
私も自営業の仕事が多少はあるので
週3,4日でも、とのことでしたので
じゃあぜひ、とお受けしたのです。

とはいえプログラムをつくったりする
コンピューターのお仕事が
またできる!という喜びに
もううれしくてうれしくてたまらなかったのですが

見積もりが通らなかったから
この話はなかったことに、という連絡が昨日来て


天国→地獄みたいな標高差を味わっておりまする。


見積もりがまだ通っていない、ということは
つい先週聞いて
あ、こりゃひょっとしたら、ということも、と
ある程度構えていたので
衝撃は小さかったはずなんですがね。

だから夫以外には2人くらいにしか
まだ伝えてないんだけども。

一瞬でもまだ世界に必要とされているのだと
思ったのがなんていうかまた。
陽炎のようなはかないものだったのがなんていうか。

まあがっくりしています。
日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)