Recent Entries


Recent Comments
Profile
Archives
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
うわてのS。
 昨日は飲み会だったんだけどね。

観察力と判断力の正しい女子A(二人の子連れ)
一応私の親友だけど最近ちょっと疲れる女子B(独身)
小学校時代のBの思い人でいいやつだけどたまに
めんどうな男子C(独身)
と、私、というメンツで飲みました。

一次会がすんで
子連れのAは帰宅して
3人で最愛の男子Dがいるであろう
Dのおにいさまがやるスナック的なところへ。

Dは案の定スタンバイ、そしてDの会社の後輩Sくん。
何回も一緒に飲んで最近やっと緊張せずに
話ができるようになtって
そして前回はいっぱい遊んでくれたS君。

S君はその名の通り
超ドSだとは聞いていたけれども
私より若いせいもあって
前回の飲み会の時はそんなそぶりもみせなかったのね。
私のボケにきびしくもやさしく突っ込みをいれる、みたいな。

結構楽しい時間を過ごしたんだけど。

昨日は三次会だったS君は
よくできあがっててテンション高めで

これがほんとのSか・・・!(侯爵的な意味で)

思うほどに
私が今まで体験したことない
Sっぷりを見せてくれた・・・

あのね、まず許してくれない。
あやまるまでゆるしてくれない。

「ごめんなさいは?ごめんなさいは?」って
両腕の動きを完全に封じて
ごめんなさいっていうまで
一切の抵抗を許さない。

わたし力あるほうなのに
びくともしないんだよ、ふりほどけないの。

そうして力比べをしながら小さい声で耳元で
「今おれのヒジ、どこに当たってる・・・?」って
ささやくんだよ、ああああすみません私の胸です
気づきませんでしたけどちょっとあたってます

それに気づくとこっちはやっぱり身をすくめるわけだが
そこから腕が動かせないから
もう無抵抗なまま何にも動けないわけよ

でも負けたくないから謝らないでいると

み、耳を・・・(以下自粛)

もう・・・ごめんなさいって言うしか・・・

だけどごめんなさいっていうと
よしよし、よく謝った、ってすっごくやさしくされるのよ
それがうれしくてさあ・・・


そういうプレイ的なことを
何回も繰り返して

アメと鞭を交互に与えられてると

もうなんていうか

アメのために鞭をあえて受けに行く姿勢を・・・!

でもねだってね、私の右隣、めんどくさい男のCは
親友Bとずっとしゃべってるのよ、
Bは認めないけどCが好きだから
邪魔するわけにはいかないのよ、
だから私は右を向くわけには
いかないからS君にかまってもらわないことには
私・・・!

なんかすごい・・・
なんていうの、Sのかけひき・・・
そしてDVを受け続けちゃう人の
気持ちがすごくわかったの・・・

Sくんの本気のS、すげえ・・・

私なんかはじめてMっ気が
目覚めたような気がするわ・・・

あんな抵抗できないの初めて・・・
そしてそのあとのやさしさの甘美なこと・・・


世界ひらいたわーwww
日々徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://hibishojin.jugem.jp/trackback/1862
Trackbacks